中国の霊獣、霊亀神、素晴らしい和田白玉の彫刻でした。

やっくるです!

前回に引き続き中国の霊獣になります。

スポンサーリンク

写真は購入先のをお借りしてます。

日本の有名な骨董屋さんから入手した霊亀(神亀)です。
中国、西周~戦国時代(BC1057~AC221)のものだそうです。
漢代より更に古い霊獣です。

なんかね、丸っこくてなんか良いのです。

この霊亀様ですが、塩で祓い磨いたらめちゃくちゃ綺麗になりました。

ふんわりとしていてつるつるとしてて良質な和田白玉です。

この霊獣はとても素晴らしかったです。

磨いた後に写真を撮れば良かったのですが、あんまりに綺麗になって雰囲気も良かったので、そのまま清浄な場所にてお祀りしました。

スポンサーリンク

 

自宅の北辰の神棚でお祀りしている玄武像の横にお祀りしてますが、出張の時は一緒に来て頂いてます。

こちらも小さな玄武神様です。

中国漢代の玄武神様で長期出張にはいつも同行頂いてます。

 


毎日朝晩欠かさず、太上秘宝鎮宅七十二霊符と紫微北極大帝六十四化星御秘符の秘文を唱えてるのですが、そのおかげか今は両手に挟むとふぁんふぁん振動してます。

 

両神共に生きてるみたいでとても強いです。

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found

(Visited 19 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る