八百万の神様をお祀りする神棚を設置しました。気分はスッキリです。

やっくるです!

 

日本には天照大神を筆頭とする八百万の神様がおられます。

スポンサーリンク

こちらはそれらの神様をお祀りする為の神棚として我が家に設置しました。

ホームセンターに売ってる神棚ですが、なかなか良いです。

リーズナブルだけどちゃんと神棚専門店が作成した神棚のようです。

ホームセンターで神棚買う人いるの?

と思いますが、どこのホームセンターに行っても陳列されてますので、以外と需要があるのでしょうね。

 

さて、さっそく設置してみましたよ。

スポンサーリンク

 

 

僕は神棚や清浄な場にお祀りする神具は開眼されてない物は全て塩で清めてから設置してます。

塩で清めるとスッと軽くなります。

試しに自分の首後ろから背中に塩を軽くふって払ってみてください。スッと身体が軽くなりますよ。

 

大明神社を主軸に中型社で挟み、よくある一体物の神棚3社にはせず、リーズナブルだけど見栄えのするオリジナル3社としました。

家に据え付けると随分と立派な神棚になりましたね。

何事も混ぜるな危険というように、分けるべき神様は別々のお社でお祀りした方が気持ちもすっきりするのです。

 

これで日本の神様の天照大神を筆頭とする八百万の神様、伏見稲荷大社より稲荷勧請頂きお御霊を賜わった稲荷大明神社、そして玄武神と太上神仙鎮宅72霊符を主軸とする北斗七星霊符社とで、3系統の神様をしっかり区切る事ができました。

 

玄武神と太上神仙鎮宅72霊符社についてはまた今度です。

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    None Found

(Visited 8 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る