中国西安、回民街(イスラム人街)で開運お守りの千眼菩提を見つけましたよ。

やっくるです。

中国西安滞在何日目かな?

もう忘れました。

 

スポンサーリンク

 

僕は普段引き篭もりでホテルの部屋で投資の勉強かアニメ見て時間潰してるので、

あまり健康によろしくない休日や待機日の使い方をしてます。

なので今回はお仕事でご一緒させて頂いてる台湾人のFさんと一緒に西安観光をしてきましたよ。

電車を降りたらお城みたいな建物があり、

スタバがあるオシャレな街並み、、、

連休だったら人だかりでいっぱいになるような通りを抜けたら、

なんか立派な建物が、、、

実は今回、僕はまったくリサーチしてないので、完全にお任せで連れて行って頂いたので、建物の名前とかはよくわかってないです。

ただなんかスゲー建物が沢山あって、流石は観光地の西安、、、

キングダムの舞台、咸陽に近い場所だと感心しましたね。

さてここが回民街(イスラム人街)の入り口のようです。

 

スポンサーリンク

 

 

地図もあってなかなか広い感じでした。

 

今回の観光地ですが、宿泊している西安シェラトンホテルから電車で15分くらいかな?トータルで30分もあれば現地に着きます。

場所はここになります。

有名な西安の城壁より少し南のようですね。

 

観光地としては有名らしくて、

中国西安の回民街(イスラム人街)と呼ばれるだけあって、

イスラム人と中国人が混成している文化街が特徴のようで、確かに活気があって面白かったですね。

 

街並みは、、、

所狭しと店が軒を連ねる場所、、、

建物一つ一つがなんかいい感じでテンションが上がりました。

なんか煌びやかな、豪華な佇まい、、、

有名な駄菓子屋?らしいとこもあって、ちょっとお土産に買って帰りたくなりますね。

人だかりができてて、ほんとに連休は大変な混み具合なんだと思います。

なんか絵になる街だわ、ほんと。

建物の色とか雰囲気がいいんですよ。

この辺が中国とイスラム文化の融合がなせる技なんでしょうかね。

こちらは有名なお肉屋さん?なんだそうです。

この辺りからお腹が減ってきましたので、、、

水餃子?かなのお店に入って昼食です。

これがね、実に美味しかったです!

中のジューシーな出汁が内包されて熱々を頬張る喜びみたいなね。

ブログ書いてたらまた食べたくなってきました、、、

 

さて、今回はここ回民街(イスラム人街)で面白い物を発見しました。

千眼菩提という何かの種を磨いて作る開運グッズらしいのですが、

形、微妙な色合い、模様、みな世界に一個のお土産なんですよね。

 

僕も何個か購入してみました。小さい物で1個10元、大きくなるにつれて20元、30元となるようですが、なかなか面白いお土産だと思います。

中国人の方にあげても喜ばれそうですよ。

因みに我らがAmazonにも調べたらありました。

 

一個千円だから大きさにしてはかなり高い価格設定ですが、たぶん磨きあげられてるのでしょうかね!

ピカピカに磨かれた千眼菩提なら僕も追加で欲しくなってしまいます!笑

 

調べたら綺麗に染められたような逸品があったりしてなかなかいいコレクターズアイテムになりそうなのです。(๑>◡<๑)

 

せっかくなので街並みと共に千眼菩提を磨いてもらってる時の動画を撮らせて頂きましたのでどうぞ!

最近面白いと感じてる動画をYouTubeにアップしましたので見てみて下さいね。

 

 

中国西安、回民街(イスラム人街)で千眼菩提を見つけましたよ。

千眼菩提、開運グッズらしいです。

形、微妙な色合い、模様、みな世界に一個のお土産なんです。

https://youtu.be/xuJtRVXwy44

https://youtu.be/YNkbV28ZYPM

https://youtu.be/JD2QuS2bjd8

 

https://youtu.be/ruaOFKiLjF4

 

 

街並みはこちらから↓

https://youtu.be/LY35e7s1K98

 

 

ちょっと最近空気が良くないから出歩かなかったけど、たまにはいいもんですね!

また散歩に出かけたいと思います!

 

ではまた!

 

(追記)

持ち帰った千眼菩提をちょっと目の細かい紙爪ヤスリで磨いてみました。

真ん中が磨いた千眼菩提です。

ちょっと磨いただけでかなり綺麗になります。

 

写真では分かりづらいですが、

これはかなり面白いです!

 

中国での暇つぶしに面白いおもちゃができました笑

 

模様の違い、色の違い、形の違いで見せる面によっても表情が変わります。

 

磨けば磨くだけ愛着でそうですよ。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

(Visited 94 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る