ブリスバンクという凄い銀行がオープンするの知ってますか?世界初の案件多数の投資家が待ち望んでいる銀行です!

やっくるです!

先日、マレーシアにあるクリック社の広告権取得の投資案件のお話しをしましたが、それとは別に今一番期待している投資案件をご紹介します!

マレーシアにあるクリック社の広告権取得の投資についてはこちら

僕のオススメ投資について、Click社(クリック)の広告権購入で経済的自由を目指してみる。その感想1

http://yakkuru-star.com/1370.html

スポンサーリンク

僕は最近、日本に帰るたびに少ない日数を削って色々な投資セミナーに参加しております。

そこには不動産経営をしている方、暗号通貨をしている方、会社経営されてる方、様々な方々がおられ勉強させて頂いてます。

そんな中でこのブリスバンクという銀行の事を知ることができました。

このブリスバンクという銀行ですが、メリットをあげると文章だけでは正直お伝えしきれませんが、
一会社員の僕ですらこれほどの可能性を感じますので、会社経営されてる方、資本家の方ならこのブリスバンクというCRSに入っていない現在の法定通貨や暗号通貨の保管と取引が一手でできる世界初のオフショア銀行の価値がどれだけ凄い事であるかということがきっと理解してもらえると思います。

12月に上場して来年1月に開行する銀行なので、昨年からプレセールが内々で行われており、CRS外の法人口座のメリット、更にプレセール中にしか持てないと予想される銀行オーナー権取得がどれだけ凄い可能性を秘めているかを是非動画で見て欲しいです。

きっとお金というものに対しての考え方が変わってしまう衝撃を受けると思います!今のところ僕は資金の都合で個人口座1口開設しているのみですが、資金があれば間違いなく銀行オーナー権を取得しますね!

銀行開行したら恐らく資本家や会社経営者が一気に流れ込んでくると予想されますので、今のこのプレセール中はかなりチャンスだと僕は思ってます。

大阪なら毎週日曜に開かれてるブリスバンクのセミナーに参加してメリットを感じて下さい。

他にも東京や地方でも定期的なセミナーが開かれてるようです。

会社経営者、資産家であればあるほどこのセミナーに参加して損は絶対にないと思います。

スポンサーリンク

このブリスバンクの口座開設はフェリースプログラムというところが発行しているxGTというブリスバンクの口座をロックするポイントが必要になります。

xGT取得方法なんかも動画で開設されてますが、

こちらも紹介制でxGTを保有する事ができますので、興味を持って将来性を感じたら僕まで連絡下さい。

縁を頂いて、この動画で講師をされてる方と直接連絡のやりとりをさせて頂いてますので、色々とサポートできると思います!

動画やブリスバンクホームページは下記から参照下さいね。

【Bliss Bank】事業説明動画
https://youtu.be/vA16ax9hfJ4

【xGT】事業説明動画
https://youtu.be/6r8c83bUH5s

ブリスバンクホームページ

http://bliss-bank.com/index.html

下記はブリスバンクのSwiftコードから検索した情報です。

↑は日本のメガバンクみずほ銀行です。

↑しっかりとブリスバンクもSwiftコード検索で表記され実在してますね!

Swiftコード検索はこちらからできますよ

https://www2.swift.com/bsl/facelets/bicsearch.faces

ブリスバンクのSwiftコードで検索

国際送付システムのSwiftコードを取得済みのネットバンク銀行です。
流石に詐欺等の内容でこの国際銀行間金融通信協会が提供する国際送金システムのコードを取得する事はできないでしょう。

ほんとに凄い可能性を秘めた銀行だと思います!

登録してからも資産形成していく手伝い的な案件もたくさんあります。

時間なくてセミナーに行けない方はZOOMというアプリでセミナーをリアルタイムで聞く事ができますよ!

更に実際にセミナー参加してブリスバンクの可能性を是非感じて欲しいですね!

この動画で講師をされてる方は本当に凄い方です!

ブリスバンクに投資するかしないかは別として、投資についてもお金の事についても踏み出さないと得られない、そんな知らない世界をたくさん学べると思います。

たぶん会えばびっくりする程価値観を大きく向上させて下さると思います!

僕への連絡はこのホームページのプロフィールを読んで安心できる奴だと感じたらメール等でお気軽にお問い合わせ下さいね!

僕のできる範囲でサポートさせて頂きます!

ではまた!

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

(Visited 1,101 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気の記事です

ページ上部へ戻る