ビニール温室(ハウス)で太陽光パネル発電。熱帯魚や観葉植物の水槽ヒーター稼動ができるか?検証してみた☆その40

みなさん、こんばんは☆

 

中国成都に来てます。

まだ仕事とホテルの往復しかしてないです。

とりあえず明日の作業が終われば現地休暇、、、早く休みたいですね笑

 

スポンサーリンク

 

さて、

今日は先日のビニール温室改造計画39からの続きです。(http://yakkuru-star.com/119.html)

 

 

中国渡航で暫くなにもできませんが、改造計画に必要な物品を発注しました。

 

太陽光パネル200W x 4枚

 

チャージコントローラー50A対応

 

船舶用ディープサイクルバッテリー12V 115AH x4個

 

インバーター 24V→100V対応

 

という感じです。

 

 

やっくる☆ やっぱりやっちゃいましたね笑

 

スポンサーリンク

 

今回はかなり高額になってしまいましたが、年間電気代の削減計画には必要と判断しました。

とりわけ、これからの冬にむけて稼動させる予定のビニール温室用の熱帯魚用ヒーターについては効果を期待したいです。

 

僕はまだまだ中国ですが、部材が到着したら、また親父殿が施工してくれるとの事なので、嬉しい限りです。

 

期待して帰国したいと思います。

 

設置後の稼動状況や感じた事はまたブログりたいと思います。

 

今日のアイキャッチ画像(表紙画像)は、フィロデンドロン・エバンシーです。

めっちゃでかいでしょ~☆

 

 

では今日はこのへんで、

またお会いしましょう☆

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

(Visited 72 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

人気の記事です

ページ上部へ戻る