僕のオススメ投資について、Click社(クリック)の広告権購入で経済的自由を目指してみる。その感想1

やっくるです!

最近日本でも一部の間にだけ広まってきているCLick社の広告権を購入して配当金をもらうという投資があります。

今日は最近僕が投資してる内の一つを呟こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

これが知れば知るだけ凄いです、、、

配当金は4ヶ月で投資額が倍に、一年半後には6〜8倍になるという驚異的な嘘のような本当の話。

投資先のクリック社はマレーシア発祥のちゃんと実体もマーケティングもある会社でここが発行しているショップザコイン(ShopZcoin 通称SZC)はマレーシア政府に認可された仮想通貨をすでに上場済み、、、目標は年内に300%の価格高騰を計画してるらしい。

他にもJEMポイントというのもあって、これはすでにマレーシア国内ではかなり普及してきてるみたいで生活の場で現金同様に使用が可能になってます。

背景としてはそんな感じですが、

それは置いといても、、、ここからが凄いです。

出来た配当金はマスターカードやunionPay、VISAなどのクレジットカードとすでに提携済みで対応ショップで使用可能。(現在は広告権購入額による制限あり。)

しかも配当金の一部で更に次の広告権を購入できるループで更なる増資ができてしまう。。。

まさに出口が整備された投資案件です。

写真は実際にこのクリックの投資で得たポイントを使えるクレジット型カードです。

ブラックカードみたいでカッコいい!

僕も欲しいです!

配布申請は2018年11月頃からとの事です。

 

なかなか出口が確保されたこういった投資内容は少ないなか、これはほんとに凄いと思いますね、、、

投資は100ドル(日本円だと13,000円くらい、中国元だと700元くらい)からの少額投資ができるのが魅力です!

しかも中国の場合は、代行業社を通してSZCコインをビットコイン(BTC)に変換すれば中国人のほぼ100%が生活で使ってるWichatPayやAriPayに入金もできちゃう。。。

今後の普及がかなり期待感に溢れてます。

 

スポンサーリンク

 

 

因みに僕は10,000ドル(日本円で130万)をクリック社の広告権に投資して、さらにSZCコインを30万円分購入してます。

今こういう内容に投資ができるかどうかで今後に大きな格差が生まれる可能性が高いです。

今一番楽しみな投資案件の一つなのは間違いないでしょうね!

 

ただ、今は紹介制でないと広告権が購入できないです。

紹介と聞いただけでまずみんなは怪しいと思ってしまい、最初は勘違いされやすいですが、これは一回広告権を購入したらほったらかしで大丈夫です。

後から何か定期的に買わなきゃいけないとかそういうのは一切ないです。

 

クリック社の事業内容の戦略として紹介制を採用してるって事でしょうね。

それの方が初期の段階では統計上、爆発的に広まる速度が速いって事なんだと思います。

世界的に広まった後はたぶんこういうあり得ないほどのリターンが見込める投資はする意味がないでしょうからいつかは打ち切りになるだろうと思ってます。

だから日本でもまだほとんど知られてない今に投資できた人のリターンが有りえないほどに大きいのです。まぁもちろん投資なので絶対はないですが、一度セミナーなどに参加してみたら、やっくるの奴がなんか言ってるなって内容が理解できるかと思います。

その時はこのクリックはすげーなと人生変わるかもなと身震いする事でしょう。笑

 

そして、このクリックは紹介した方に紹介料も入ります。

僕みたいに放置派か紹介でも稼いでいく派か、どっちでもいいと思うくらい根幹の投資内容が優れているのは確かだと思います。

 

僕はこういうの紹介するのは口下手なのでうまくお伝えしきれてないとは思いますが、中国人の方に特にオススメなので、ここに書いときます!

だって、WichatPayやAriPayで生活品や好きなものをこの投資で増えたお金を使って買えたら素敵だと思いませんか?

 

興味ある方は直接連絡くれたら僕の出来る範囲で内容をお知らせさせて頂きます。

このホームページの自己紹介欄に僕のLINE@やメールアドレス宛に送れるリンクが書いてます。

 

クリック社とはどういう会社なのか?

動画があります!

https://youtu.be/_aiWtRDmkf0

 

こちらの動画もあります。

クリック広告ビジネスのセミナー動画です!

https://youtu.be/Wru8N8KlnUM

日本語がわかる中国人の方は今がチャンスです!

もちろん日本人の方でも大丈夫です!

ではまた!

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

(Visited 404 times, 3 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気の記事です

ページ上部へ戻る