<中国西安> 長期出張の合間に中国工商銀行で口座開設をしてみた。その備忘録①

やっくるです!

現在中国西安に来てます。

今回も少し長い出張です。ここ中国は電子マネー社会となってて一昔前とは大違いです。

もうね、現金だして買い物してる人、乗り物乗る人、、、いません、、、マジで。。。

そんだけすげー浸透してます。

 

スポンサーリンク

 

なので、

日本はほんとに不便と感じるくらいに電子マネー天国なので、前から思ってたことを実行してきましたYO☆

 

まず、中国の電子マネー決済方法といえば、アリペイやWichat payなのですが、

これを快適に使うにはどうしても中国の銀行口座がないと厳しいことがわかりました。

クレジットカードを紐つけるのはアリペイはできましたがWichat payは今年の4月頃からできなくなってるようです。

そこで、アリペイに入金する為に紐つけする為の銀行口座を開設することに決めたのでした。

 

そこで、、、

中国工商銀行です↓

他にも銀行はありますが、

ここの銀行はインターネットバンキングが使えるそうで便利なようなので、この銀行で口座を取得する事にチャレンジしてきました。

結果としては、、、

ご覧のように新規口座開設できてキャッシュカードを手に入れました。

 

申請ですが、、、

実はかなり苦戦しました。

下記の窓口から出された書類に記入するところまではよかったです。

住所は滞在のホテルで大丈夫でした。

身分証明の提示を求められましたが、日本のマイナンバーカードとパスポートでいけました。

問題は、、、現地の中国携帯番号がないと開設ができません。

自分の携帯番号にSMSで番号通知がきて、それをリアルタイムで銀行側の端末に入力しないといけないのですが、

日本の携帯番号へはこのSMSが送信できないのです。。。

いや、、、まいりました。

そこで僕は一旦出直して、

これをWichatに紐つけて、SMSが受信できる中国の番号を取得しました。

易博通というWichatでSMS受信ができる電話番号が数日間無料で取得できる便利な機能です。

これをWichatで登録すると、SMS受信ができてなんとか新規口座開設ができたのですが、

この易博通ですが、銀行側がSMS送信してからWichat側に表示されるまでのタイムラグがひどすぎました、、、

SMSが通知されるまで10分以上かかったりとなかなか認証ができませんでして、ほんとに苦労しました。

(ここ中国工商銀行の受付のお姉さんがすごくやさしく親身になって開設手続きをしてくれたおかげです。)

たぶん受付け係員さんによっては帰れといわれてもおかしくなかったです。

ほんとにありがとうございました!!

中国工商銀行さんは親切丁寧で好印象でした!

 

スポンサーリンク

 

あとは余談ですが、

この銀行キャッシュカードには、UnionPayという銀行口座内の残額から使った分を引き落としてくれるデビットカードの機能がついてます。

これです↓

これさえあれば、正直かなりのショップをカバーしてますので、不便はないような気もします。

実際にデパートの飲食店でUnionPayで支払いをしましたが不便はなかったです。

その後残高照会をしに銀行へ行って確かめましたが、たしかに口座残高から引き落とされてました。

 

あと、入金ですが、銀行や町にセッティングされているATMから、

下のこのボタンを押すと、シャッターが開いて簡単に口座へ入金できます。

 

この下のボタンを押すと↓

こういう画面に変わって↓どうやら電子マネーへの入金に使うような感じだと思います。

ためしに入金してみたら、

たしかに電子マネー的な感じに入金処理されてるようです。

たぶんここからアリペイなどの電子決済アプリに入金できるのではないかと思ってます。

ちょっとSMS送信しすぎたようで24時間後みたいな通知がアリペイででてきてしまったので、

まだアリペイと銀行口座の紐付けができてないので、明日以降でやってみようと思ってます。

 

ちなみにこのボタンで口座残高の確認ができます。↓

なんでこんな写真貼るかって?

しらない言葉のATMを使ったらわかると思います。。。

(英語表記にもできるけど、、、わかりずらかったのですよ)

ほんまなんやねんこれ、、、ってなってどれ押していいかさっぱりでしたので。。。

 

 

では今日はこのへんで、、、

 

 

Similar Posts:

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

(Visited 434 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る